Home> 書籍

書籍 Archive

華麗なる食卓 (ふなつ一輝/ヤングジャンプコミックス) 第49巻

2013/01/21 Category :書籍 0

華麗なる食卓 49 (ヤングジャンプコミックス)

【あらすじ】引用:Wikipedia より
「近代亜細亜料理紀行」の著者である佐久間鋭司を探すため、兄弟子である曽根崎総一郎の店である「ガネーシャ」を探していた高円寺マキト。
彼は「黄花楼」などの店を転々としながら、ホームレスさながらの状態で3ヶ月彷徨っていたところを、総一郎の娘の曽根崎結維に干からびた状態の所を救われ、ようやくガネーシャに辿り着いた。
しかしそこには総一郎の姿は無く、店も閑古鳥の鳴いている状態であった。
そこでマキトは恩返しのため、ガネーシャの再建に協力することとなる。
大手老舗料理屋・翠蓮によるガネーシャの買収工作や、店舗の焼失、結維に好意を持つかつての知人ライアンの挑戦などにより、マキトと結維は何度も危機に陥るが、そのたびに絆を深めていく。
マキトは料理人としていろんな悩みや問題を抱えた客にカレーを食べさせ、本人の力になったりカレーを通して気付かせたりと、人間ドラマ的なエピソードも展開する。

[華麗なる食卓 (ふなつ一輝/ヤングジャンプコミックス) 第49巻] の » Continue Reading

, ,

書籍購入予定リスト – 2012/05

2012/05/01 Category :書籍 0

あれ?
今月は何も無い…?

ああっ女神さまっ (藤島康介/アフタヌーンKC) 第44巻

2012/04/27 Category :書籍 0

ああっ女神さまっ 44 (アフタヌーンKC)

【あらすじ】引用:Wikipedia より
某県の猫実(ねこみ)市にある猫実工業大学とその周辺が舞台。
物語は主人公で(連載開始当初)猫実工大生の森里螢一(もりさとけいいち)が「お助け女神事務所」に間違い電話をかけてしまったことから始まる(螢一は、自分が電話番号を間違えてしまったと思い込んでいるが、実はそうではなく、螢一を救済するために神界でのシステム「ユグドラシル」の機能が働いたことによる、必然であった)。
間違い電話に気付いて慌てて電話を切ろうとした螢一だったが、電話先の相手は「今からそちらに伺います」と言い残し、次の瞬間に鏡の中からベルダンディーと名乗る容姿端麗の女神が現れた。
いきなりの事だったので螢一は驚きを隠せなかった。
女神のベルダンディーは慌てふためく螢一に、如何なるスケールの願いであっても「たった一つだけ」叶えると言う。
螢一は、今まで女性と縁が無かった事とベルダンディーの美しさに圧され、つい、「君のような女神に、ずっとそばにいてほしい」と言ってしまい、ベルダンディーと螢一は共に日常を過ごすこととなった。
だが、その願い事が学生寮(男子寮)の寮則違反にあたり、学生寮を追い出されてしまった。
この「たった一つのお願い」は大富豪となることも、世界の滅亡を招く事も正に「お望み次第」だった訳だが、結果として螢一の「背も低めでお金もあまり持っておらずそれに加え容姿も今ひとつパッとしないためにモテないというコンプレックス解消」である「キミのような女神にずっとそばにいてほしい」という望みは叶えられ、2人(?)は様々な幸運(強制力という神秘的な力)に助けられて、一つ屋根の下に一緒に暮らすこととなる。
さらにこの同棲生活に干渉するべくベルダンディーの姉で薬マニアのウルドと妹でメカフェチのスクルドも押しかけ、螢一は益々「非常識な日常」を送る事と成った。
ストーリーは、螢一とベルダンディーの交際話はもちろんのこと、螢一が所属する自動車部での出来事や、猫実工大の人々の話、女神の活動範囲の侵食(シェア争い)及び封じ込めにやってきた悪魔マーラーとの対決(や交流?とその結果起こる破壊と再生)など、様々なストーリーが同時進行の形で展開していく。

[ああっ女神さまっ (藤島康介/アフタヌーンKC) 第44巻] の » Continue Reading

, ,

源君物語 (稲葉みのり/ヤングジャンプコミックス) 第1巻

2012/04/26 Category :書籍 0

源君物語 1 (ヤングジャンプコミックス)

【あらすじ】引用:Wikipedia より
主人公源光海は、中学生時代に同級生の女子たちに酷いいじめを受けた経験から重度の女性恐怖症に陥っていたが、大学入学を機にトラウマ克服を決意する。
突然の父の再婚により、なかば追い出される形で叔母・藤原香子の家で居候生活を始める光海であったが、源氏物語の研究者である香子により「現代の光源氏」を目指すように言い渡される。

[源君物語 (稲葉みのり/ヤングジャンプコミックス) 第1巻] の » Continue Reading

, ,

華麗なる食卓 (ふなつ一輝/ヤングジャンプコミックス) 第45巻

2012/04/25 Category :書籍 0

華麗なる食卓 45 (ヤングジャンプコミックス)

【あらすじ】引用:Wikipedia より
「近代亜細亜料理紀行」の著者である佐久間鋭司を探すため、兄弟子である曽根崎総一郎の店である「ガネーシャ」を探していた高円寺マキト。
彼は「黄花楼」などの店を転々としながら、ホームレスさながらの状態で3ヶ月彷徨っていたところを、総一郎の娘の曽根崎結維に干からびた状態の所を救われ、ようやくガネーシャに辿り着いた。
しかしそこには総一郎の姿は無く、店も閑古鳥の鳴いている状態であった。
そこでマキトは恩返しのため、ガネーシャの再建に協力することとなる。
大手老舗料理屋・翠蓮によるガネーシャの買収工作や、店舗の焼失、結維に好意を持つかつての知人ライアンの挑戦などにより、マキトと結維は何度も危機に陥るが、そのたびに絆を深めていく。
マキトは料理人としていろんな悩みや問題を抱えた客にカレーを食べさせ、本人の力になったりカレーを通して気付かせたりと、人間ドラマ的なエピソードも展開する。

[華麗なる食卓 (ふなつ一輝/ヤングジャンプコミックス) 第45巻] の » Continue Reading

, ,